VOICE

voiceyn.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 13日

【ご予約状況 その4】 



㉗ KAZ 様 2名

㉓ カレン 様 1名追加

以上確定しました。

【12/14 追記】

㉘ フータン様 2名

確定しました。



絶賛ご参加募集中!

『大・クリスマス会』at 銀座SOLA

2018年12月21日(金)


【ご予約お電話番号】

070-1469-9381

(11:00-19:00受付)





前にも書いたけど、

今回はコスプレ大歓迎です!
d0326861_14180594.jpg


[PR]

# by simplex-YN | 2018-12-13 00:01
2018年 12月 10日

【ルールを一部改訂します。 ほか】

【ご報告①】
今回の開場及び開演時間が決まりましたのでご報告いたします。

開場 12:00

開演 12:45
(今回はバザーの時間が含まれるため、時間確保の必要から基本的にオンタイムで開演しますのでご注意ください)


【ご報告②】
今回のクリスマス会に際し、参加いただく方は、交換バザー用の「プレゼント」を何か一品ご持参くださることをルールとしておりますが依然として、「何を持っていったら良いかわからない」という方がいらっしゃるとお聞きしております。

自分としては別に参加いただく皆様を悩ませるためにこうしたルールを設けたわけではありませんので、こうした方には「特別協賛金」をお預けいただくことで、プレゼントの代わりとさせていただくことといたします。

当日、受付にて参加領収書をお受け取りいただく際に、プレゼントをお預けいただくわけですが、ご持参いただけなかった方は、一口1000円の「特別協賛金」をお預けください。(お志により何口でも)

これは、プレゼントをご持参くださる他の方との公平を期するための措置ですので、お預かりした「協賛金」は、すべてバザーの売り上げに合算し、義援金とさせていただきます。

更にお志ある方は、別途に「義援金箱」も用意いたしますので、ご随意のご協力をお願いいたします。


まだまだご参加募集しております!

『大・クリスマス会』at 銀座SOLA

2018年12月21日(金)


【ご予約お電話番号】

070-1469-9381

(11:00-19:00受付)



[PR]

# by simplex-YN | 2018-12-10 00:02
2018年 12月 05日

【キャンセルの方へ】

本日、一名様のキャンセル連絡下さいました「トモキチ」様
規定通り、料金の10%と送金手数料(どのお客様にも速やかに送金する必要から、電信扱い手数料540円を一律で申し受けます)を除いた金額、3,960円也を返金させていただきましたのでご確認ください。

[PR]

# by simplex-YN | 2018-12-05 17:31
2018年 12月 03日

【プレゼントが続々!】

㉖ ユウトモ 様 2名
予約確定いたしました。

㉓ カレン 様、2名追加(12月3日追記)
予約確定いたしました。



まだまだ参加者募集中!
【ご予約お電話番号】
070-1469-9381 (11:00-19:00 受け付け)



おお、何ということでしょう!

「アラ40」のメンバー様たちに「大・クリスマス会」の趣旨を説明したら、全員がこころよく賛同してくださり、さまざまなプレゼントをご提供くださいました!


中西圭三さん

d0326861_00130687.jpg

出演しておられる番組「旅チャンネル」のロゴにご自身のサインが入った素敵なバッグを!
(これ、マジで圭三君ファンがめっちゃ欲しがるやつじゃないか?)



沢田知可子さん
d0326861_00130575.jpg

お知り合いのデザイナーさん特製の一点ものの小物入れ!世界にこれ一点だけのオリジナル作品だそうです。
お願いしたものの、頂いた品物が良すぎてうー、コワくなってきた



杉山清貴さん
d0326861_00130536.jpg

杉山先輩のお品は、あーやっぱり!ご本人のロゴマーク入りオリジナルギターピック!
オレがほしい!



辛島美登里さん
d0326861_00131443.jpg

みどりドンのプレゼントは、ちょっと変わっていて、まだ秘密ですが、他にないものです。
それはいったい何か?当日目撃せよ!


いやぁー、何かオレ、とんでもないことやっちゃってるかも。
よぉーっし!こうなったら、1円でも高い値を付けたるでぇ!!



【今回のミュージシャン】

今回のピアニストは、おなじみ追川礼章
d0326861_10494842.png

ではなくて(彼、いま大学院の修士論文がヤバいそうです)、
彼が推薦してくれた東京藝大の後輩です。










何と!20歳の女性
d0326861_00131497.jpg

和久井沙良(わくい さら)

1998年栃木県足利市に生まれる。

3歳よりピアノを9歳より作曲を始める。

17才までに多くの自作自演作品を発表し、ヤマハ音楽振興会主催のコンサートに多数出演。

大学入学後は音楽学を専攻する傍ら、アーティスト活動を精力的に行なっている。

現在インストゥルメンタルユニットMIKISARA、即興演奏集団LA SEÑAS COLECTIVOなどに所属。

その他全国の学校公演や企業や団体への楽曲提供、サポートピアニストとしても活動。ピアノのみに留まらず日本を代表するスティールパンオーケストラであるPanorama Steel Orchestraのスティールパン奏者の一員でもある。

d0326861_00131409.jpg


礼章君いわく、

「現在藝大3年の和久井沙良さんは、ジャズや即興演奏を得意にしていて、普段から自分のユニットやサポートなどで活躍している将来有望なピアニストです。
テクニックがしっかりとあって、引き出しが多いなというのが私の印象です。
きっと楽しいライブになることと思います!」

とのことです。

まあ礼章君が言うんだから間違いないでしょう。
こうご期待!
d0326861_00130685.jpg

(サービスショット)

[PR]

# by simplex-YN | 2018-12-03 00:43
2018年 11月 28日

【ご予約状況 その3】 

㉕ タイム 様 1名

それから、

⑬ オオジロウ 様のグループに、1名追加。 ハヤカワ様


以上、予約確定しております。


今回の「大・クリスマス会」のルールに関して、今一度ご説明させていただきます。


スタッフより、「バザーに何を持っていけばいいのかわからない」とか「品物が安価過ぎたら恥ずかしい」などの理由で、参加をためらっておられる方がいらっしゃると聞いています。


心配ご無用! アナタのプライバシーは中西保志が守ります!


ご予約が確定した方は、当日受付時にお席番号の確認と、参加領収書のお受け取り、並びに「バザー」用のプレゼントを受付にお預け下さい。

その際、受付から簡単な確認(生食品、壊れたものでないか等)をさせていただきます。

口頭での確認になりますので、中身を開かずに、そのまま(できればプレゼント風に袋か紙にでも包んでおいてください)お渡しください。

これで、誰が何を持ってきたかは、いったんリセットされます。

つまり今回の「バザー」は「闇鍋バザー」というわけです。

お知らせしたとおり、落札された品物には一品一品、中西保志がご芳名(カタカナ)入りのサインをさせていただきます。(書けないものは色紙対応)

更に、たくさん落札してくださった方には、スペッシャルプレゼントがあったりして・・・


そもそもクリスマスは、日々の平安に感謝し、困っている方々に少しでも役立つ行いをしましょう、というのが本来の精神なのです。

歓びとか幸せは、受け取るばかりではすぐにいっぱいになってしまい、時に重苦しくなることさえあるのです。

与えあい、分かち合ってこそ、大きく深くなるのだ、という考えに基づいています。

自分はクリスチャンではありませんが、このような精神は尊いものであり、どうせクリスマスを祝うのであれば、単なるパーティーのようなものよりも、「本来の精神」に立ち返ろうと考えました。

(もちろんライブがメインなのは言うまでもありませんが)


皆様方のご理解とご協力によって、単なる「お楽しみ」だけではない、思い出の深いクリスマス会にしたいと思うからです。いわば、参加いただく一人一人が、「サンタクロース」の気持ちになってもらいたい、ということです。


決して高価なもの、とびきり珍しいものなど必要ではありません。

(どうしても、とおっしゃる方はオレにください<w>)

あなたらしい気持ちさえこもっていれば(ゴミ以外は)。


それでも「わからない」という方、この際、「自分らしさ」とは何か、考えてみましょう。

自分も、自分らしいプレゼントを考え中です。一緒に考えましょう!


絶賛ご参加募集中!!!


【ご予約お電話番号】

070-1469-9381 (11:00-19:00 受け付け)




【おまけ】

前回書いた、『大阪万博1970(通称:EXPO’70)』が、どのようなものだったかをイメージとしてよく伝えているのは、


『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』 (監督:原恵一 2001)

だと思います。

これは、翌年の


『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』 (同 2002)

とともに、アニメ映画のみならず、21世紀に公開された日本映画全体の「ベスト10」に入れてもおかしくない大大大傑作であると思います。

とにかく、この2本は見て損はない。


というか、見ろ!そして泣け!!



[PR]

# by simplex-YN | 2018-11-28 18:33