VOICE

voiceyn.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 08日

【青葉の春】

ゆえあって仙台におりました。

d0326861_15421817.jpg

朝、さすがに寒いが、見事な快晴。まさに日本晴れ。

時間があったので例によって仙台駅から観光循環バスに乗り、青葉通りを仙台城(青葉城)へ。約20分。260円。

d0326861_15421981.jpg
ワンマンバスの運転手さん(女性)が、運転しながら車内マイクで途中の観光スポットなどを紹介してくださる。

が、乗客(ほぼ満員)過半数が中華圏からの方らしく、あんまり通じてなかったかも。

春節(旧正月)ということで、今年もドドッとお越しのようです。

そういえばこの後、行く先々で聞こえてくるのはチャイナ語メインだったような。(まあ、平日午前中に観光してる日本人てのも微妙ですが・・・ってオレだけど)

青葉城址に到着。

d0326861_15421904.jpg

もともとこのお城には天守閣はなく、戦国・江戸初期の、「山城」と呼ばれるスタイルで、本丸自体は六十二万石の東北の雄「独眼竜」伊達政宗(15671636)公が開いた城にしては意外とこじんまりしています。

(後に二代・忠宗によって築かれた山のふもとの二の丸は現在、東北大学のキャンパスに、三の丸は仙台市博物館になっています。)

「関が原の戦い」(1600)当時、城とは「砦」であり、襲い来る敵を迎え撃つ強固な防御が必須条件でした。

したがって出来るだけ急峻な山の上に築き、天然の川などを防御ラインとして、「来るならこい、かかってこいやぁー!」という作りになっていました。

しかし、時は流れ、「勝利者」徳川家康を中心に新しい安定した時代が来ると、そもそもそんな戦(いくさ)をすることもなくなり、そうなってみると、山城は行き来するの大変だし、手狭だし、かといって山の上では切り開く平地も限られてしまいます。

「砦」としてではなく、「政庁」としての城の機能が重要視される時代になっていたのです。

けれども、徳川幕府は「一国一城令」を布き、城を作らせない政策を打ちだしています。


「え、何、おたくの城、拡張しちゃうの?それって、謀反?」


なんて、幕府に目をつけられたらエラいことです。 

似たような理由で「改易(お取りつぶし)」や「転封(領地変え)」に追い込まれ、消された藩がいっぱいあった時代です。

そこでまず、家康ともゆかりの深い政宗の、隠居所という名目で「若林城」というのをもう一つ、すぐそばに築いています。

あくまで「隠居所」と称してはいましたが、縄張り(建築図面)を見れば明らかに「城」です。

こちらは平地に築かれ、堀と土塁に守られた「平城(ひらじろ)」と呼ばれる作りでした。

この城は政宗死去の後、直ちに取り壊され、その代わりという名目で「二の丸」「三の丸」を作ったのです。

頭いい。

(若林城の跡は、現在「仙台刑務所」になっています)



というわけで青葉城址。

ここは政宗公の騎馬像が有名ですよね。

残念なことに、戦災によって城の遺構はほぼ完全に焼失し、現在みられる城らしい構えは、ほぼ戦後の復元といってよい状態です。

旧本丸跡に護国神社があります。

さっそくお参り。

d0326861_15421928.jpg

その片隅に、土井晩翠(18711952)の銅像が。

晩翠は仙台出身の英文学者・詩人。代表作品は何といっても瀧廉太郎(18791903)作曲の『荒城の月』でしょう。

実はこの曲、「詞先」だったようで、東京音楽学校(今の藝大)から中学(今の高校)用の唱歌を依頼され、まず晩翠が詩を書き、それに当時まだ学生だった廉太郎が曲を付けた、ということです。1901年発表。

(このわずか2年後に廉太郎は肺結核で死去。二人はその死の直前、ロンドンでただ一度会ったきりとなりました)

曲中の「荒城」とは、江戸時代約270年を、一度も戦闘に使われぬままに明治の世に廃城とされ、陸軍第二師団本部として使われていた青葉城を指しているのでしょう。

それだけではなく、まるで、廉太郎の早すぎる死、その後の戦災によってすべてが消失する、悲しい運命をも予言するかのようなその詩の奥深さを、今我々は味わうことになります。

銅像は、一日の決められた時間に自動的に「荒城の月」を演奏する仕掛けになっているそうです。

d0326861_15421987.jpg
d0326861_15421972.jpg

もうひとつ、今回目についたのがひときわ巨大な石柱碑でした。

これは「昭忠碑」といい、日清・日露の戦役で命を落とした第二師団の将兵たちを鎮魂するために設けられたものだそうです。

戦時中の金属供出をも逃れ、明治期のブロンズ彫刻の傑作として名高い作品です。

過去何度も青葉城を訪れて目にしていますが、ちょっと何かヘン。


う、確かこの碑のてっぺんには、今まさに天に飛びたたんとする黄金の鵄(とび)のブロンズ像があったはず?


あれ、地面に降りている。

?????

d0326861_15422035.jpg
戻って調べてみてびっくりしました。

実は、あの「311」のとき、鵄を固定していた軸が折れ、地上十数メートルから地面にたたきつけられて砕けているのが発見されたそうです。(石碑自体にも損傷があったようです)

直ちに修復・復元が検討されましたが、何しろ当時は市街地自体が壊滅的打撃を受けた地区もあり、そちらの復旧に注力せざるを得ず、約五年間事実上手を出せずに居たようです。

ようやく復興も一段落し、文化財修復事業の一環として平成28年(2016)に着手。その年の内に完了しました。

しかし、再び震災が襲って落下する危険性を考慮し、石碑の上ではなく前に安置されることになったということです。

d0326861_15422040.jpg

311」から約8年、今や北の都としての繁栄を完全に取り戻したかに見える仙台の、随一ともいえるシンボルに残る、「あの日の記憶」です。

いま、「シンボル」と書きましたが、仙台のシンボルとは何でしょう。

僕は青葉城、というより、この城跡から一望できる仙台の街そのものではないか、と思っています。

d0326861_16260645.jpg

d0326861_16142734.jpg

広瀬川、仙台平野、一面に広がる街の賑わい。そのはるか向こう、遠く太平洋の果て、メキシコ、スペイン、ヨーロッパにまで思いをはせ、支倉常長(15711622)らを使節として国交を開こうとさえした政宗の雄大にして周到な政治姿勢が、この街のそこここに今も息づいているようです。

d0326861_15421926.jpg


ふとそんな思いにとらわれていると・・・

トントン、肩をたたく人が。


振り向けば何と!三日月の前立て兜、隻眼、甲冑武者姿の政宗公!




「どうじゃな、わが仙台の賑わいぶりは?」


「はっ、恐れ入ります。

震災からもすっかり復興して、以前より更に力強く繁栄しているようですね」


「左様。

地震と津波、火災で難儀をしたもの、尊き命を落とした者たち、まことに気の毒であった。

だが、災難は此度ばかりではない。

我等は北の民、この地に根を張り、既に400余年。

その間、多くの災害にも見舞われてきた。戦さもあった。

けれどもそのたび、力強く蘇って今日にまで繋いできたのじゃ。


今、わが城は既に無く、片々たる石垣を残すのみ。

それが何であろう。

見られよ。

眼下の街の賑わい、人々の暮らし、その平穏と安寧を謳歌する姿。

それこそが、我が誇るべき「城」じゃ!」


「ははっ。ありがたきお言葉」 


頭を上げると、そこにはただ青い天が広がっているだけでした。


d0326861_15421871.jpg



≪おまけ≫

帰りは、2015年に開通したばかりの「地下鉄東西線」に乗ってみました。

「大町西公園」から「仙台」約10分。200円。

d0326861_16142787.jpg

何だ、バスよりずっと便利じゃん、といわれそうですが、地下鉄行きかえりじゃあ、途中の街の様子が見られないし、城跡から駅まで約2km、徒歩で15分以上かかるんです。

バスだと城の入り口まで来てくれますからね。

でもまぁ、今日はこんなにいい天気だし、帰りは歩くか、というわけで山を降り、外堀に沿って歩いていると、街路樹の植え込みでなにやら写真を撮ってる人が。


「こんにちは。それは何の木でしょうか?」


「これ?これは「ろうばい」だよ」


「ろうばい」???知らないなぁ。


「今年もやっと花が開いたんだよ。それじゃ」

 

 【ロウバイ】

「蝋梅」「唐梅」とも。中国原産の落葉樹。梅ではなくバラ目バラ科で香りが強い。早生の物は12月ごろ、晩生のもので2月ごろの開花。

d0326861_15530235.jpg

     

         「やっと花が開いたんだよ」



# by simplex-YN | 2019-02-08 16:30
2019年 01月 31日

【最終報告】


d0326861_15020830.png


昨年12月開催の「大・クリスマス会」の、バザーオークション等の収益金、111、700円也を「日本赤十字」に無事振り込んだことは前回ご報告しましたが、「日本赤十字 東京支社」より、領収書に沿えて東京支部長の小池百合子さまからの「お礼」のメッセージが届きました。


d0326861_14464074.png

実はけっこう前に届いていたんですが、ご報告遅くなって申し訳ない。
これは、「大・クリスマス会」にご参加いただいた、すべての方への「お礼」ですので、ここにご報告いたします。

d0326861_15040788.png


へー小池さんが支部長だったんだ。

ちーとも知らんかった。


# by simplex-YN | 2019-01-31 15:13
2019年 01月 10日

【無事、入金完了しました!】

あらためまして、皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



さて、昨年末の「大・クリスマス会」におきまして、皆様からお預かりしておりました、バザー・オークションの売上金及び義援金、総額111、700円也を、一昨日郵貯銀行を経て「日本赤十字社」に寄付いたしました。
d0326861_00121838.png


d0326861_01170051.png
これをもちまして、『大・文化祭プレゼンツ 大・クリスマス会2018』は、すべてのプログラムを終了したことをここにご報告いたします。


ご参加ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました!


# by simplex-YN | 2019-01-10 01:27
2019年 01月 01日

平成三十一年 己亥(つちのと・い)

d0326861_00102450.jpg
前を向いてパワフルに、力強く前進しましょう!



# by simplex-YN | 2019-01-01 00:12
2018年 12月 29日

【一応恒例、重大ニュース2018】

の、前に、「大・クリスマス会」のバザーオークションの売上金他について経過報告いたします。

現在(12月29日)、皆様からお預かりした111、700円の現金は、まだ私の手元にあります。
実は、会終了後、「日本赤十字社」に問い合わせたところ、寄付用の振込用紙を送付してもらえることになり、到着を待っていたのですが、年末の郵便事情のため、到着したのが12月28日(金)の夕方でした。
d0326861_23352272.jpg
d0326861_23352548.jpg

郵便局(郵貯)の入出金業務は全国的に28日が「御用納め」のため、残念ながら年内の入金には間に合いませんでした。

年明けに間違いなく入金しますのでご安心ください。(その折にまたご報告いたします)



さて「今年の重大ニュース」ですが、どちらかというと年後半に大きなニュースが集中しているようです。



〇仮想通貨を巡るトラブル(1月)  

何か、種類が多すぎてさっぱりわからんうちにブームは過ぎ去っていったようで???


〇平昌五輪(2月)  

まあ男子フィギア羽生選手の2大会連続金メダルとか、女子スピードスケートとか、「そだねー」とか、いろいろ有りましたが、個人的には何といっても「モルゲッソヨ像」が一番のインパクトでした。(興味ある方検索してみてね)


〇日大アメフトの不祥事からの一連のスポーツパワハラ問題(5月~)  

大相撲、女子レスリング、女子体操、ボクシング・・・いろいろ出てきましたね。

まあ、どこからどこまでが「指導」で「パワハラ」なのか、結局は受け手の感じ方次第、みたいな話で、分かりにくいですが。どうもメディア経由だと本当のことがわからない感じでしたね。


〇「18歳成人」改正民法成立(6月)  

酒・たばこは相変わらず20歳からっていうのも、整合性としてどうなんでしょうか?


〇ロシアワールドカップ(6月)  

もしかしたら、神様っているのかも?って思いました。(本欄6月13日の稿以降を参照)


〇豪雨災害・地震相次ぐ(69月)  

今年は例年にも増して深刻な被害が頻発しました。あらためて早期の復興を祈願します。


〇ⅠR法成立(7月)  

ⅠR」とは(Integrated Resort)の略で、「統合型リゾート」、すなわちカジノのほかホテルや劇場、国際会議場や展示会場、ショッピングモールなどが集まった複合的な施設のことだそうです。

でもまあ、要するにカジノ(賭博場)を許可する、ってことがキモですよね。

ただ、ラスベガスなどに行かれた方ならご存知でしょうが、かの地はエンターティンメントの一大殿堂であるわけで、もしこういう施設が日本にもできるなら、それはいいことだと思います。

また現状のように、駅前や小中学生が通学する途中に「実質的なカジノ」が点在するよりは、日常生活とは隔離された場で自己責任で楽しむ「オトナのディズニーランド」みたいなイメージとしてなら受け入れられないこともないとは思うのですが。


〇オウム真理教事件 元幹部ら13人死刑執行(7月)  

黙祷。(本欄7月6日の稿参照)


〇大阪・富田林署から被疑者脱走→全国自転車行脚に偽装→逮捕(9月) 

これ、何といっていいのか、あまりにも警察がブッたるんでる、としか言いようがないです。

それとこの被疑者、逃走のために「自転車日本一周」に偽装するなんて、頭がいいのかヌケてるのか。

僕の友達にも「日本一周経験者」がいて、行く先々で人の情けや親切に出会い、大切な思い出をいっぱいもらったそうで、本件にはマジで激怒しています。

日本人のやさしさ素晴らしさを逆手に取るなんて、許せないですね。


〇築地市場→豊洲に移転(10月)  

この一年の遅れは、いったい何だったのか?

また都民の税金が無駄に使われてしまいます。

結局、東京都知事というのは、誰がやってももはやコントロール不能なほど巨大なポストになってしまっているのでしょうか。

総理大臣ならばまず国会議員に選ばれ、その後政府与党の総裁に選ばれなければならず、かつ衆参両院の賛成がなければ政策を実行できませんが、都知事は違います。

都民から直接民主制で選ばれ、かつ中規模クラスの国に匹敵する予算をある程度自分の意志で動かすことができてしまうのです。

いわば「東京合衆国大統領」のような存在です。

ここ数代の都知事の顔ぶれと業績を見ると、やはり東京の異常なまでの巨大さが、もはや一人の人格では制御不能な段階に来ていることを感じます。

  

〇日産・ゴーン会長を逮捕(11月)  

除夜の鐘をきく前に「ゴ~~~~~ン」と鳴り響いてしまいましたね。

提携しているフランス「ルノー社」とのアンバランスな経営関係を是正したいと考える日産幹部たちのいわば「クーデター」のようにも見えますが、果たしてどうなるのでしょうか。

本件はいわゆる「司法取引(他人の罪を告白することで自分の罪が軽減される)」が用いられたケースですが、なんとなく日本にはあまりなじまない制度のような気もします。


〇大谷選手、MLBアメリカンリーグ新人王に選出(11月)  

大谷選手に対する評価は今や天井知らずといったところでしょうか。

ただ、シーズン途中のケガによる中途リタイヤ、その後の緊急手術とリハビリのため来季は打者専念という事ですが、あの剛速球は果たして復活するんでしょうか?

いまから2020シーズンが待ち遠しいですね。


〇2025大阪万博 開催決定(11月)  

これは誠にめでたいです。(本欄11月24日の稿参照)


〇札幌ガス大爆発事故(12月)   

報道の通りだとするならば、大の大人が閉め切った部屋でそんな大量のスプレー缶を開けたらどうなるかわからなかった、というのも情けないですし、それをした理由が、どうやら賃貸物件の消臭作業を怠った証拠の隠滅だったらしいというのも、なんともはや・・・

まあ冬の札幌ですから、公園など屋外では寒くてできなかったんでしょうが、何ともお粗末な話です。死人が出なかったことだけが救いでしたね。

事故の第一報を聞いたとき、「テロ」という言葉が頭をよぎりました。アメリカ・ヨーロッパ・中東ときて、遂に日本もか、と。

それが、フタを開けてみたら!

不謹慎ですが、むしろ「テロ」のほうがまだ納得、とも思えるほどの情けない事故だったとは・・・

いったい日本はどうなるんだ!?


〇インドネシア スンダ海峡に大津波 犠牲者400人超に(12月)  

今回は国内の話題が多かったのですが、最後に最新の災害情報を。

死者行方不明者が500人近い大参事のようです。日本ではあまり大きな話題になっていないようですが、津波被害としては多分今年最大、歴代でもかなりの大災害といっていいでしょう。

復旧復興と犠牲者のご冥福をお祈りします。


ということで、いろいろあった2018年ももうあとわずか。

皆様どうぞよい新年を!






# by simplex-YN | 2018-12-29 23:48